GOING MY OUTDOOR! | 11月の3連休は貸切キャンプ!沢城湖キャンプ場
日本銀行
2016年:46泊♡ 鈴鹿セブンマウンテン4座制覇♥
2017年:上半期20泊♥下半期(7月~12月)18泊

2017
11.06

11月の3連休は貸切キャンプ!沢城湖キャンプ場

週末の3連休は、沢山の方がキャンプに行っていたようですね~
キャンプ難民の方も多かったのでは??
うちはキャンプ難民とは無縁と思われる、穴場キャンプ場に行ってきました(;´▽`A“
1組ぐらいは居ると思ったんですが・・・・
こういうのって、完ファミ?って言うんですかね??
とりあえず山荘以外、キャンプしてる人はいませんでした、、、

そんなキャンプ場のレポを2回に分けて、お伝えしますね♪



今年の11月の連休は、前々から目星をつけていた穴場キャンプ場へ。
そのキャンプ場、ブログでもほぼヒットしないんですよね、、、
若干不安を抱えつつも、出発~

自宅からそんなに遠くもなく、近くもない、程よい距離。
場所は長野県飯田市にある、沢城湖ハートランドです。
(施設紹介交えながら、レポします)

キャンプの受付は、山荘で行います。

この階段を登っていきます。

階段を登る途中に、猫ちゃんが居ます。
可愛いです♥


階段を登った先の、ここがキャンプ受付の入り口。
(場内は土足禁止になっているので、絨毯の上で靴を脱ぐこと)


ちなみに入口付近に、このワンチャンが居ます。
めっちゃ興奮してるので、ビビらないようにw



中に入って右側のガラス戸の方に、管理人さんファミリーが居ます。
手続きはテーブルが置いてあるところでやります。
手続きの前に、ウェルカムドリンク(コーヒー)が頂けました♪

その後はサイト料金の支払いと、ゴミ処理の説明。
サイト料金はテントのみだと、1泊3500円。
(タープ張ると1000円アップで、電源使用する場合も1000円アップ)
その他ごみ処理費用、1回1人300円でした。

ゴミの処理方法は燃えるゴミ(ペットボトル含)と金属ゴミ+瓶ゴミで分けて処理します。
2袋渡されますが、足りない場合は管理人さんに言うと無料でいただけます。
(手持ちの袋で捨ててもOK)

サイトは今回湖畔前か、バンガロー前かのどちらかでしたので、もちろん湖畔前に設営~
それ狙いで来てましたので、良かったです♪


写真の場所はもう1か所のバンガロー前ですが、バンガローの人が居たら落ち着かないと思います。
でも炊事場は立派で、トイレが気にならない方ならこっちがオススメかな?



バンガロー付近のトイレ。
後ほど紹介しますが、山荘以外のトイレはボットンです。



バンガロー前の炊事場。
炊事場も後ほど紹介しますが、バンガロー前の炊事場が一番良い感じです。
 

次は山荘内です。
山荘内に洋式トイレがあります。
(温便座のウォシュレット付き)
山荘の入り口は、キャンプ場受付の入り口の奥になります。


山荘の1階奥に、トイレがあります。
ここが一番きれいなトイレ。
ただし夜中は施錠されちゃうので、使えません、、、
夜10時ぐらいまでに、トイレを済ませておくのがお勧めです。
 

山荘内にシャワーおよびお風呂があるようです。
一律400円(小学生以上)ですが、うちは今回使用していません。
理由は後ほど書きます。


湖畔サイトの近くの炊事場。
板が置いてあるので、めっちゃ使いにくいです(;´▽`A“


しかもこれw
若干ワイルド寄りです(^▽^;)


ゴミ捨て場の横を通ると、馬小屋と保護犬の小屋が見えます。


実はこのキャンプ場、猫と犬を保護しているんです。
なので、動物は沢山います。
例えば馬とか。
(乗馬体験できます。)
今回見てないですが、ヤギも居るようです。


カモも、湖畔サイトの炊事場付近に居ましたよ~


馬小屋の小屋の道を通ると、奥にもバンガローとサイトがあります。
(炊事場とボットントイレあり)


さらに湖畔沿いを進むと、サイトがありました。
ブランコのみ、遊具が・・・


炊事場ありますし、トイレもたぶんボットン?あります。
写真の橋の先に公衆トイレがありますが、そこです。

ちなみにここ、車で横付け可能です。

最後にここの唯一のアクティビティが、釣りとボートです。

乗馬は高いので眼中になかったけど、ボート乗りたかったかも(´・ω・`)


話は戻りますが・・・
受付後湖畔サイトに決めたので、設営~
この日はのんびり到着だったので(2泊だし)ちゃっちゃと設営してたら暗くなってきちゃって、ろくに写真も撮れず、、、
(施設紹介の写真は2日目に撮ったやつです)

とりあえず暗くなる前に、これだけはしようと思っている事が!
焚火ではないですよw

実は豆炭あんか、キャンプ前日にホムセンで買ったのです~
自宅でも使えるし、キャンプでも使えるからいいかな?って思って♪
火おこし器が届いてなかったので、とりあえず写真の通りに焚火台で豆炭をおこしました。
(炭捨て場は、焚火台の後ろのブロックの後ろのやつがそうです)
ネットで買うと高いので、ホムセンで買うのがオススメですね。

暗くなってきたので、山荘のお風呂に入ろうか悩んだんですが・・・
管理人さんが近くに温泉があるという事で調べてみたら、トータル料金が山荘と同じだったのでそっちに行くことに。
その温泉は、すいれんどう温泉という温泉。
こちらにクーポンがあったので、利用。

入った感想は・・・・
人が多い、シャワーがチョロチョロしか出ない、、、

時間帯が悪かったのかなぁ??
お湯質はぬるすべで、良かったですよ~
まぁ値段も安かったし、仕方ないか!

その後はテントに戻り、早速ランタン点火。
ランタンに灯油を給油!



武井にも、給油~
このホース、使えますねw

フューナスドルフ、だいぶん安くなってきたんじゃないでしょうか?
うちが輸入した時と、同じぐらいの値段ですしね~(*'ㅂ'*)b

今回は、コールマンケロシンランタン639cの点火方法をアップしてます。
いつもはyoutube以外にアップしてますが、動画が1ギガ超えちゃって載せれないのでyoutubeにあげてます。
ちょっと長いけど、よければ見てみてください(^▽^;)




キャンプ場の標高855mですが、初日は暖かかった!
武井の出番なしでした~



でも翌日に・・・・
2日目のレポを、楽しみにしてください(;´▽`A“

ちなみにFC2、ナチュログ、どちらにコメント入れてもOKです~
お好きなほうをお選びください。
ご面倒おかけいたします。(。-人-。) スミマセン

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
コメント
管理者にだけ表示を許可する