GOING MY OUTDOOR! | ▲低山登山▲
日本銀行
2016年:46泊♡ 
2017年:上半期(1月~6月)11泊

2017
03.16

福寿草を探しに入道ヶ岳へ 井戸谷~二本松

Category: 入道ヶ岳
今回やっと登山に行けるチャンスが巡ってきたので、行くことにしました٩(ˊᗜˋ*)و
前回の綿向山からなので、だいぶん期間が空いちゃいましたが、、、、

今年は夏以外は登りたいなぁ~
夏のトレーニング、どうしようか悩み中。
低山だと暑くて死にそうだし、、、、
短時間で暑くなくてトレーニングになる方法がないか、ちょっと模索します(;´▽`A``

では今年初となる、入道ヶ岳レポへ~


そうそう最近、ずっと欲しかったものが入手できたんです!!
それは・・・

憧れだった、 ミレーの
ドライナミック
(通称 網)!!ヽ(*´∀`*)ノ.+゚

メンズはこちら↓ これずっと欲しかったんですよ~!
定価だと、この値段。(クリックで拡大)

高いですよね、、、、
でも運よく今回、オークションで半値以下で購入できたんです♪

ちなみにパッケージには、こんな写真がw
 
上下着ると、ヘ〇〇イに見えますねww
ずっと着用してると、網の模様とかできるんでしょうか?w
でもミレーの網は評判が良いので、お安く買えて良かったです♪

とりあえずミレーの網の実力も試したかったので、入道さんへ行くことに。

実はこの日の朝は曇り。
でもGPV天気予報(高確率で当たるサイト)では、お昼頃から晴れてくる予報!
いっとくべきでしょ~ということで、入道さんへレッツゴー♪
自宅から1時間も掛からないので、すぐに現着(*'ㅂ'*)b
既に何台か車が停まっていました。

今回は福寿草が咲いている、井戸谷コースへ。
以前は下りで使用して、さらにヤマップ使ってなかったのでデスルート化してましたが、今回はヤマップ入れてあるんで安心して行けます(*'ㅂ'*)b
 
駐車場で、ゲイター(スパッツ)装着。
そしてレッツゴー♪
井戸谷コースは沢の横を通っていくルートで、結構私は好きかもw
金剛山登ってから、沢ルートを気に入りました。
 
 
1番通報ポイント。
1番付近はこんなルートです。
 
 
ちょっと岩がゴロゴロしてますが、まだまだ序の口。


1番から2番へ行くときに通るルート。
ここを見つけましょう。
 
 
結構細い登山道ですが、綿向山ほど人が多くないので問題なし。
でも落ちたら、、、(;´▽`A``
 
 
2番到着~
2番から3番の道は、こんな感じです♪

 
 


3番到着~
ここからが、ちょっと道が狭いので要注意。

 
こんな感じです↓


 
その後、沢に出ました٩(ˊᗜˋ*)و
ここからは沢の横を歩くルートとなります。
 
 
ここからは見慣れた看板が。
これは前回も見ました。
 

でもこっちは知らなかった!
こんな危険なものが、、、((((;゚;Д;゚;))))ガクガク

 
井戸谷はこんなところを登っていくんです。
結構面白いルートで、気に入りました♪
 
 
 
井戸谷コースの避難小屋。
ここでご飯食べるか、二本松の避難小屋でご飯食べるかのどちらかになります。
山頂には小屋がないので、風が強い場合は食事不可能です(;´▽`A``

 
今回は休憩のみ。

その後4番到着。
 
ここを過ぎたあたりから、雪が残っています。
その後5番の看板は見つけれず、、、その付近へ。

そして5番の看板過ぎたあたりの右の斜面に、福寿草があると聞いていたんですが、、、
その付近に男性の方達が。
行こうか何度も悩んだんですが、女性1人でそこへ行って何かが起こったら怖いので、今回は諦めて山頂へ。

ここから、チェーンスパイク装着。

6番到着。
ここからは直登になります、、、



こんな感じ↓これが地味に堪えます(´-﹏-`;)
 
 
晴れててちょっと目が痛くなってきたので、オーバーグラスを着用。
あっ、ケースはこれが良いそうです↓

井戸谷の直登、チェーンスパイクだとグリップが効かないので、ちょっとヒヤヒヤしました(;´▽`A``

こういう場面では、アイゼンの方がいいかもしれませんね。
道中、老夫婦と出会ってお話したんですが、二人はチェーンスパイクすら着用せずに下山してました、、、
大丈夫かなぁ??
井戸谷のコース、結構ヤバ目だけど(^▽^;)

その後、北の頭の分岐点に到着!
ここまで来れば、もうちょい♪



若干霞んでますが、いい景色♪

 
さっきの老夫婦、下山中↓


入道さんの笹の葉の道、結構好きです♡


 
あらま、山頂へ向かうルート、アセビが倒れてます。
 
 
そして山頂到着!!
めっちゃいい景色♡
 

鳥居も記念に撮影♪

 

先行していた、親子(父子)がお食事中?

お邪魔しないように、とっとと下山。
時間的にも12時半回っていたので、二本松の避難小屋で食べることにします。

 

下山後、男性2人組とすれ違いましたが、この2組もアイゼンなし。
でも二本松ルート、雪がないので無くても何とかなりそうですよ(*'ㅂ'*)b

看板写真省略しますが、7番あたりはこんな感じ。
ちょっと寂しい雰囲気ですね(´・ω・`)

 
 
6番あたりは、根っこが沢山。
歩きづらい~
 
 
避難小屋発見!
食事しま~す♪



食事中、何気なく柱を見てると何か書いてありました♪
お子様も来られるんですね(*'ㅂ'*)b
 

笑ったのが、コレ↓気持ち、よくわかりますw
結構下山時、足に来るんですよね、、、

 

山頂で撮れなかったので、避難小屋で撮影。
やっぱり三脚要るなぁ~
ミニ三脚だと、下からしか撮れないんで難しい(´・ω・`)


しかもLサイズのパンツを無理やり履いてるんで、太って見えるww
(アウトレットで値段が安かったんで、、、)
もうちょっと、細身が欲しいなぁ。


その後はささっと下山。
こんなルートを通ります。

 
沢発見!
靴とストックがドロドロになっちゃったので、ここで洗わせていただきました。



そして1番へ戻ってきた♡

 
ここが始まり&終わりの場所です~
周回するのに、便利です♪

 

ミレーのドライナミックの感想は、汗冷えしない!!
(時期的に何とも言えないけど)
冬場はいいかも(人´∀`).☆.。.:*・゚

ただし何故か登山終了後、数日間胴体周りが痒くなっちゃいました(;´▽`A``
ジオライン+ミレー網だったんだけど、汗の抜けが悪かったんだろうか??
やっぱりファイントラックのスキンメッシュのほうがいいのかなぁ?
もうちょっと勉強します(´・ω・`)


帰りに鈴鹿の森庭園近くを通ったら、すごくきれいなしだれ桜(なのかな?)が。
信号停止中にパシャリと撮影しました(*'ㅂ'*)
あ~もう、春ですね♪

 
また登山、今年も頑張りま~す♪
福寿草、見れるといいな♡

追記:これ載せるの忘れてた、、、
 

★次回の自分用メモ★ 
登山届をネットで出す。
暖かくなってきたので、薄着でOK。
普通の帽子でOK。
ヘッデン、救急セットを忘れずに持っていく。
冷たい飲み物。
オーバーグラスを持っていく。
シェルジャケットを持っていく
ウルトラライトダウンを予備に持っていく。
前日にある程度、パッキングを済ませておく。
YAMAPの更新を行っておく。 
登山道等の念入りな確認。 
スマホ予備バッテリーを持っていく。 
ミニ三脚じゃなくて、普通の三脚を持っていく。 


ナチュログヘ戻ってコメントする←ここをクリック!
ちなみにFC2、ナチュログ、どちらにコメント入れてもOKです~
お好きなほうをお選びください。
ご面倒おかけいたします。(。-人-。) スミマセン

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
Comment:0
2017
03.07

綿向山 表参道コース~水木谷林道(←危ないコース)

Category: 綿向山
GWの予約合戦が熾烈になってるようですね~
(既に、お盆等も始まっているようですが、、、)
我が家もフェリーの予約時に行きはすんなり取れたので良かったんですが、帰りがフェリー会社のHPがサーバーダウンしてしまって『これはダメなパターンか?』と、若干あきらめモードでしたがなんとか予約を取れて、ほっとしております(;´▽`A``
帰りが取れなかったら、オール高速で何時間もかけて帰らなきゃならなかったので良かったですw

そして花粉の季節、、、、
うちの息子が花粉症みたいで、今年はこれを買いました!
普段ゲームやるときだけブルーライトのメガネをさせてるんですが、花粉メガネ+ブルーライトつきだったので、即ポチ!
目が痒いみたいで今日病院に連れて行くんですが、これがあれば今年は何とか乗り切れるか??


今回は旦那と超久々の登山です~
いつもひとりなんで、たまには夫婦で登山は嬉しいね♪
でも今回ダラダラしてたら寝坊してしまい、起きたら朝9時w

近場の入道ヶ岳か、藤原岳へ行こうか悩んだんですが、綿向山へ行きたくなったので、行ってもらいました~
↑それがそもそも、間違いw

駐車場到着寸前で、トイレを発見。
寄っていくことに。

トイレは循環式で、トイレットペーパーがあったので助かりました♪

トイレ前には、トトロに出てきそうな雰囲気のあるバス停が(*'ㅂ'*)
 

その後、御幸橋駐車場へ停めて(結構いっぱいでした)登りを開始~
(撮影は下山時)

 
この看板通りに行きます。
分かりやすいですね~


綿向山の表参道コース、登り始めにこんな場所が。
景色いいですね~
 
 
途中階段を見つけ、げんなりする私w
でもちょっとだけだったから、良かったです(๑´ㅂ`๑)
 

そしてこんな道を行き・・・
う~んアイゼンとか要るような、要らないような・・・
何故かっていうと、途中で雪がない場所があったりするんですごく迷うんですよね。
この場所もアイゼンは必要ですが、ちょっと行ったら普通の雪のない道になりましたし。

 
一応、チェーンスパイクを装着♪

一合目手前の小屋。
旦那は既に、バテバテw

なんかこの日、めっちゃ暑かったです!
ある程度の冬山装備してきたけど、もうちょっとライトな感じで良かったのかも?
この季節、格好が難しいですね~
 

この橋はチェーンスパイクがひっかからないか、ちょっとヒヤヒヤでしたがなんとか通れました(;´▽`A``
 
 
そして本格的に登っていくんですが、道幅が狭いですね~
降りてくる人も結構いたんで、気をつかいますね。
 
 

やっと一合目w
旦那がまだ一合目?!って言ってましたw

綿向山、山頂までの道のりが結構距離あるみたいです・・・
 
 
3枚の写真を見てもらうとわかるんですが、トレースの位置が微妙だったりして、とにかく歩きづらかった~
こんなもんなんでしょうか?
金剛山とは大違いです(;´▽`A``
 
 
 
 
そして三合目の看板のところにやっとたどり着いた時、年配の夫婦がいらっしゃったので挨拶後、あとどれぐらいかかるかを聞いてみました。
そうすると1時間との事。

この時点で13時半。
今回は、三合目であきらめて帰ることにしました(;´▽`A``
まさかこんなに距離のある山だったとは・・・
仕方ないです、またリベンジします。

三合目の山小屋へ行き、昼ごはん。
 

旦那は山小屋でカップラーメンを食べるのを憧れていたようで、、、
トランギアのケトル+SOTOのバーナーを持ってきてました♪
(お水はナルゲンボトルに入れてます)

私は汁物飲み干せないので、コンビニおにぎりにしました(;´▽`A``

写真のとおり、旦那がくつろいでたら・・・
1人のおじちゃんが『しんどい、しんどい』と言いながら山小屋へ来たんで、先ほどと同じ質問をしてみました(*'ㅂ'*)b
そしたら、山頂まで2時間はかかるよ!との事(;´▽`A``
絶対無理やんw
今回は諦めて、また次の機会に(^▽^;)


早く下山したかったし、山小屋の横を通っていく方が多かったので、そっちのルートへ変えてみることに。
そこがまさかのデスルートだったとはw
 
 
地図見たら、三合目の小屋から左に行けるルートがあったので、そっちへ。
しかも平坦っぽいルートみたいだし、楽に行けるかも♪
↑これが間違いw

実際行ってみたら、道中倒木はあるし、私の頭上から落石はあったし、かなり危険なルートだったようです(;´▽`A``
一応人が通った跡はあったんで、大丈夫だと思ったんですが、、、
やっぱり表参道コースへ行くべきでしたね。

とりあえず怪我なく、ここまで来れました。


このルートは橋があるんですが、凄い雪で!
ワカンかスノーシューが要るレベルですよね(;´▽`A``
仕方ないので、ズボ足で行くことに。
歩きづらい、、、、



 
記念に写真を撮ってもらいました♡
 
 
このルート、この通り何か所か倒木があります。
 
 
しばらくは雪と格闘してたんですが、頑張って降りてきたら雪がない♪ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
 

そして竜王山登山口前に到着♪
この山、登る人少なそう~

 

雪がないところにも、倒木ありました。
ここまで戻ってきたら、ゴールも目前!


駐車場前に川があるんで、トレッキングポールを洗って帰りました♪
この時期はドロドロになるんで、みんな洗ってました(*'ㅂ'*)



今回はこのように、途中で断念しちゃいましたが、また機会があれば登ってみたいです♪
でも人が多そうだなぁ、、、、



★次回の自分用メモ★
登山届をネットで出す。
暖かくなってきたので、薄着でOK。
毛糸の帽子は不要。
ヘッデン、救急セットを忘れずに持っていく。
冷たい飲み物。
オーバーグラスを持っていく。
シェルジャケットを持っていく
ウルトラライトダウンを予備に持っていく。
前日にある程度、パッキングを済ませておく。
YAMAPの更新を行っておく。
登山道等の念入りな確認。
スマホ予備バッテリーを持っていく。
ミニ三脚を持っていく。 


ナチュログヘ戻ってコメントする←ここをクリック!
ちなみにFC2、ナチュログ、どちらにコメント入れてもOKです~
お好きなほうをお選びください。
ご面倒おかけいたします。(。-人-。) スミマセン

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
Comment:0
2017
02.16

金剛山の雪山登山(シルバーコース~ダイヤモンドトレール)

Category: 金剛山
今日は所用でグリムへ行ってきたんですが・・・
グリム、凄い雪で臨時休業になってました(;´▽`A``
(表に張り紙がしてあり、電話も止めてあるそうです)
場内に車も入って行けれないほどの雪で、凄かったですよ!
後ほどIGの方に、写真載せますね。


今回は金剛山の登山のお話。
これ行ったの、実は今週月曜日なんです(^▽^;)
日曜日に養生して、月曜日に登山を目論んでました~
月曜日体調悪かったら諦めるつもりでしたが、完全復活したので家事をやって即GO!
着いたのが、お昼でした(´-﹏-`;)

でも月曜日は息子はおばあちゃんと一緒にスイミングへ行く日なので、時間的には問題なし♪
ささっと駐車場でご飯を食べ、出発~٩(ˊᗜˋ*)و
今回はパパダヌキさんが登られた、シルバーコースへ行く予定です。

登り始めの坂が、ちょっとしんどいかな?
アスファルトっぽい上り坂、嫌いです(´-﹏-`;)


ここから入るんですね~
 

雪が降ってるから、トレースがあってわかりやすい♪
トレースなかったら、どこを通ればいいのかわかりづらい?
雪が覆いかぶさってて、よくわかんないですが・・・

 
橋とかあるんですね。
歩きやすい登山道です。

そうそう、登山中は行きかう人と大体挨拶をするんですが、金剛山は挨拶する人が本当に少ないですね~
挨拶してもシカトする人や、会釈だけとか居ました。
ちょっとカルチャーショックでした(;´▽`A``
三重の山は、みんな挨拶してくれるのにな~
(挨拶しなくても、されたりとか)
疑問に思ったんで自宅に帰って検索したら、やはり関西の方はあまり挨拶しないと書いてありました。

まぁ挨拶の事は置いといて、このシルバーコースに居た紳士的なオジサマとちょっとお話しする機会があり、このルートは初めてだと私が言うと、オジサマは『このルート、沢が多くて石の上に足を乗せて渡るときにバランスを崩して、靴がずぶ濡れになった』と言ってました(;´▽`A``
もう二度と通らないとか言ってましたねw
私の靴はゴアテックスなんで、今回は濡れることはありませんでした。
(雪の中に足を突っ込んでもね)
やっぱり冬山登山する場合は、撥水素材の登山靴を履いた方がいいのかもしれませんね。
 
オジサマとお別れした後、言ってた沢が出現。
 
 
この道なんて、沢か雪道か選ぶしかないですねw
 

そしてこんな道を行き・・・
ってこれ、アイゼンとか要るレベルですよね(´-﹏-`;)
チェーンスパイクだったから、不安でした。
でも急斜面じゃなかったので、大丈夫でした♪

 
 
日が差してきたんで、オーバーグラスを付けようか悩みましたが、ちょっとだけつけました。
そしてすれ違う時にオジサマと挨拶したんですが、苦笑いされた気が、、、(´-﹏-`;)
オーバーグラスを付けると、井●陽水みたいになりますw
 

結構きれいな樹氷を見たりして、登山♪
 
 
YAMAPを何度も確認しながら、安全に行動。
雪道だし、初めてなんで慎重にね。
 

樹氷のトンネルをくぐって登ります。
 

とにかくきれいですね~
雪山にハマる人の気持ち、わかる気がします。

 
 
道中、誰かのアイゼンが片方落ちてたりしてましたが、私は無事にこの目印までたどり着きました♪
 

この地図を見て、右側のルートへ行くことに。
 

こんなルートを通りながら・・・



この目印に到着♪
時間がないので、山頂を目指します。
 
 
ここら辺に来ると、すごくきれいですね~
しかも歩きやすい!
トレースされているのか、除雪されてるのかは不明ですが、歩きやすかったです。
 

凄くきれいですよね♡
冬山としては確かに魅力的で、人が多いのも納得です。

 

神社に到着~
この時点で何故か私は、ここが山頂だと思ってましたw
でもなんか違う気が、、、?
と、思いながらも、時間がないので下山を(;´▽`A``


先にまだ道がありますよねw
帰宅後にこの写真とIGとパパダヌキさんの記事見て、ガックリ(´-﹏-`;)
まぁ時間もなかったし、この時軽く吹雪いてきてたのでやむを得ないです。

 
 
視界はまだいいですが、軽く吹雪いてるので下山開始!

途中に初使用となる、付属のザックカバーを装着♪
ザックの中身が濡れなくて、便利です。
(完全防水ではありませんが、濡れにくくなります)

ちなみにワークマンで買った手袋も付けてたんですが、手袋を取るとき、インナーグローブも一緒にとれちゃいます(´・ω・`)
アンダー手袋、大き目なやつ買ったんだけどなぁ。
暖かさは十分あって問題ないんですが、脱着の問題がありますね。
あとアンダーの手袋が大きすぎて、ストックが持ちにくい!
大き目のLL買っちゃったんですよねw
(防寒テムレスの方が、Mサイズのためかストックが持ちやすい)
これは見直す必要がありそうですね。
でもまた次の冬までは、今使ってるワークマンでガマンするかな?
とりあえず買う前に、脱着のシュミレーションすればよかったです(´・ω・`)

話は戻って、とりあえずロープウェイへ行ってみることに。
でも人が多すぎて・・・乗る気にはなれませんでした。


これだけ撮影して、下山。


下山ルートをYAMAPで探してたら近くにあったので、そこへ。
この目印を曲がることに。

 
この道を行ってたんですが、なぜかまたロープウェイ前に戻ってきた、、、、
YAMAPで確認すると、どうやら行こうとしていた登山ルートが閉鎖中になってた(´・ω・`)
上り坂、きつかったのに!!
 
 
やむなくエスケープルートとして考えてた、大まわりのルートで帰ることに。
エスケープルートを何か所か考えておくと、こういう不測の事態の時に助かりますね。
そのルートは、ダイヤモンドトレールです。
 
 
ダイヤモンドトレールは良いですね!
非常に下山しやすい!
登りはしんどいかもですがw
 

無事に16時過ぎに、下山。
タイムロスがなければ、もうちょっと早かったのになぁ。
心残りはあるものの、まあまあよかったです♪
 
しかし金剛山までの道のりが遠すぎて、行くまでにバテちゃうんですよね、、、
軽でなおかつ1人で運転するんで、余計にしんどいです(´-﹏-`;)
冬山でも安全な部類のお山なんで、登りやすいのは登りやすいんですけどね~
近場だったら、良かったかもです。

やっぱり地元の山かなぁ、、、
なんかいい山ないか、探してみよう。




★次回の自分用メモ★
登山届をネットで出す。
ヘッデン、救急セットを忘れずに持っていく。
保温用水筒もしくは、山ケトル+ナルゲンを持っていく。
↑冷たいものが逆に飲みたくなったので、常温の飲み物でOK
オーバーグラスを持っていく。
フリースか、それに似たようなものを持っていく。
(フリース不要、シェルジャケットを予備に持っておく)
ウルトラライトダウンを予備に持っていく。
前日にある程度、パッキングを済ませておく。
YAMAPの更新を行っておく。
登山道等の念入りな確認。
スマホ予備バッテリーを持っていく。
ミニ三脚を持っていく。 
手袋の見直し。


ナチュログヘ戻ってコメントする←ここをクリック!
ちなみにFC2、ナチュログ、どちらにコメント入れてもOKです~
お好きなほうをお選びください。
ご面倒おかけいたします。(。-人-。) スミマセン

にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
Comment:0
back-to-top